地球環境を守る!静脈物流

世界規模で循環型社会の実現をめざす

中部第一輸送は、あらゆる産業廃棄物の収集運搬からリサイクル及び最終処分までを、全国の物流会社と独自のシステムを開発し、地球環境を守ることを使命として日夜全力で取り組んでいます。
産業廃棄物というと埋立てが連想されますが、地球規模の環境汚染が進行する昨今、弊社は「最終処分(埋立て)は、最後の手段」と考えております、リデュース・リユース・リサイクルを大原則に、限りある資源の有効活用を提唱しております。
特に弊ネットワークは動脈産業から排出されたあらゆる廃棄物をよみがえらす事業を「国内」「海外」に展開しております。
あらゆる廃棄物を独自のネットワークを生かしリサイクル方法を確立致しております。
「生産副産物」「2各品」「製品ロス」「原料余剰品」「各種製品解体仕分け品」他、事業展開上発生される【メーカー】【事業所】【生産工場】【解体工場】等で発生されるあらゆる廃棄物にお困りの方とリサイクル方法の変更をお考えの会社様、ぜひ一度弊ネットワークシステムの御利用を心からお願い致します。
また弊ネットワークでは産業廃棄物関連商品、リサイクル関連機器、エコ関連商品の販売・指導も行なっておりますので、ぜひともお問合せ下さいます様お願い致します、ご商売のお役に立てると確信しております。
地球環境を考えながら処理することが現代社会の課題であるという認識のもとに、あらゆる相談やコンサルティングにもトータルに取り組んでおります。

  • 廃液海上保管施設
  • エコロジスティクスセンター

2004年2月より稼動したエコロジスティクスセンター(写真右)
集められた消費廃棄物を、大型コンベアでプレス機まで送り込む。処理速度のスピードアップと、輸送効率を高める目的で建設された最新設備。24時間対応することも可能です。

商品の廃棄、回収、リサイクルに企業が責任を持つ時代になりました

商品の廃棄、回収、リサイクルに関して、企業が責任を持って処理しなければならない時代になっています。廃棄・回収・リサイクルの一連の流れは「静脈物流」と呼ばれており、従来は企業経営と切り離され、自治体や廃棄物処理業者の仕事とされてきました。私たちが扱う製品の中には、ガラス、紙、鉄、アルミなど再利用できるものが数多く含まれています。
また、返品物や梱包材、荷役材などもリサイクルすることが可能です。今までゴミとして捨てていたものを有効に活用することが、地球資源の再生・保護につながります。

2004年 9月
産業廃棄物処分業(圧縮の中間処理)取得しました
2006年10月
産業廃棄物処分業(破砕の中間処理)取得しました

破砕機
収集運搬許可取得先(2011年1月現在)

愛知県(積み替え保管含む)、三重県、岐阜県、静岡県、群馬県、千葉県、富山県、石川県、山口県、福岡県、大分県、名古屋市(積み替え保管含む)、川崎市、豊橋市、豊田市、岡崎市、富山市、和歌山市、福岡市、北九州市、大分市

プラスチック 買います! 売ります! 処理します!

当社では、このような事業に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。
  • ・不要となったプラスチックを材料として戻し再生させる。
  • ・有機系の廃液を海上保管して、工業用水と肥料に戻し
     再利用する。
  • ・合成ゴムを人工芝のクッション材として再利用する。
  • ・メッキ樹脂のプラスチックを原料として再生する。
  • ・機密性の高いプラスチックを破砕して原料として再生する。

環境のための3R

当社では、下記の「3R」を徹底するとともに「必要なところに、必要なだけ届ける」という小回りの効く循環システムを構築して、環境保護に努めます。さらに、今後ますます拡大していく海外マーケットに関するノウハウを吸収しつつ、環境問題に関して積極的に情報発信を行う環境コーディネーターとしての役目を果たしていきます。

環境保護のための3R